13/5/14

ウルムのすずめ


昔、何年前に
ウルムでこの話しが起こった:
町の中でどこでもビルを建っていたので
材木がたくさん必要だった。
でも、やっぱりね、よく考えたのに
木を車上に横に置いて
長い棒が門を通すことが出来なかった
門が狭過ぎ・・・棒が長過ぎ・・・
町のけんちくかが大変だった。

焦燥な話しと
やばい頭の熱があった。
高級役人もこの偉い人までも
どうしようか分からなかった。
色々な本の中に調べても
そうような訳を見つけられなかった。
迷った市長も
珍しいだった。
いつも、誰よりもよく分かる彼は
今度は困った顔をした。

この問題が毎時にもっと大きくなった、
そしてこの事が起こった:
頭がいい人達から一人者がすずめを見た、
すずめはタワーの上に巣を作って
小さなえだを巣の前に置いて
くちばしで小さなえだをたてに巣に取った。
すずめを見た人は「われらも」と叫んで
「すずめようにぼうを門を通そう」と微笑んでいた。

ウルムの人達はそうして、やった、
そして、このいい考えはすずめのおかげだ:
すずめがいなければ、今日までぼうがやっぱり門の前に迷ったかもしれない
すずめの知恵がなければ、ミュンスターがやっぱり出来なかったかもしれない
すずめのためにミュンスターの上に石のすずめの絵があり、
その後ウルムの子供達の一番好きな食べ物は「Spätzle」と呼ばれている